リモートワークでwebディレクターをするなら?

リモートワーク
The following two tabs change content below.
kenboy

kenboy

リモートワークの可能性にかけ、東京から地方に引越ししたリモートワーカーです。

リモートワークでwebディレクター

webディレクターはweb開発の司令塔であり、なくてはならない存在です。その担当する業務は企業によっても違うものの、さまざまな能力や知識が幅広く求められる仕事といえるでしょう

しかし、重要な立場であればこそ企業への常駐が求められるケースが少なくありません。とはいえ、webディレクターをリモートワークで行うことを目指している人もいるのではないでしょうか。そこで、ここではwebディレクターの仕事をしていくうえで知っておきたいポイントについて解説します。

フリーランスのwebディレクターなら高収入が狙える?

インターネットが爆発的に普及したことで、業績を上げるためにはweb開発を避けて通れない時代になりました。そのため、web開発に欠かせないwebディレクターは不足する傾向にあります。多くの企業でwebディレクターを求めているため、実績のある有能なフリーランスなら正社員より高い収入が狙える可能性もあるでしょう。

基本的にwebディレクターはweb制作会社や企業のホームページ制作部門に所属しているのが一般的です。なかでも、大企業のホームページ制作部門には、web制作会社やwebインテグレーション会社などからwebディレクターが出向やSES契約で来ているケースも少なくありません。

また、派遣会社から派遣されている人やフリーランス専門のエージェントを介して勤務している人もいます。いずれの場合も、現場に常駐するケースがほとんどで、リモートワークで業務を行っている人は少数派といえるでしょう。しかも、リモートワークに対応している雇用形態には正社員が多いという特徴があります。

webディレクターはプロジェクト成功のカギを握る重要な業務なので、リモートワークが認められるようになるには実績や信用を積まなくてはなりません。通常、リモートワークでwebディレクターをしている人は、web制作会社や企業のホームページ制作部門での実務経験があり実績が認められた人だと考えて良いでしょう。また、紙媒体の編集やディレクターを手がけていて、webディレクターとして起業したというケースもあります。

フリーランスのwebディレクターを目指すなら実績を積もう!

webディレクターの求人では「web開発関連の経験がなくてもOK」という案件はほとんどありません。応募資格としてエンジニアやデザイナーなどのクリエイティブ系スキルやマーケティング系スキル、進捗管理経験や企画立案経験などの有無が問われるのが一般的です

また、webディレクターの仕事でトラブルなくスケジュールが進むことはほとんどないといっても過言ではありません。トラブルが起こったときこそ手腕が問われる仕事です。トラブルの原因を解明して予定通りローンチさせるための方策をタイムリーに出していかなくてはならないのです。

webディレクターになるためには、web制作会社や企業のホームページ制作部門に所属して経験を積むのが近道です。一方で、リモートワークに対応したwebディレクターの求人も少なくありません。

とはいえ、完全リモートワークが最初から認められている求人は多くなく、フリーランスの場合完全リモートワークを実現するのは簡単ではないでしょう。そのため、リモートワークを希望している場合でも、はじめは常駐して少しずつリモートワークの比率を上げていくほうがスムーズです。

フリーランスのwebディレクターが仕事を探すには、過去に作った人脈を活用したりセミナーなどに積極的に参加したりする必要があるでしょう。また、フリーランス專門の求人サイトやフリーランス專門エージェントといったサービスも増えています。さまざまな手段を活用して仕事を探し、webディレクターとしての実績と信頼性を上げていくことが大切です。

そもそもwebディレクターってどんな仕事?

webディレクターがカバーする業務の範囲は大変広く、現場によってもさまざまです。主な業務としては下記のようなものが含まれます。

1.クライアントの要望を聞き取ってコンテンツ内容の決定や企画提案を行う
2.プロジェクトメンバーの人選をする
3.プロジェクトメンバーの作業フローを作成する
4.進捗状況のチェックやスケジュール管理を行う
5.トラブルが発生したら修正案を作成するなど適切に対処する

web開発はクライアントのニーズを把握するところから始まり、webデザイナーやエンジニア、ライターやイラストレーターといった職種の人がプロジェクトを作って進めるのが一般的です。webディレクターはクライアントとメンバー間およびメンバー同士の橋渡し役を務めます。プロジェクトの進捗状況を管理して目標を達成するための最高責任を負っているのです。

企業によっては要件定義やコピーライティング、取材や撮影などがwebディレクターの業務に含まれることもあります。また、ワイヤーフレーム設計やユーザーインターフェース作りを任されているwebディレクターもいます。

web開発会社に所属するwebディレクターの場合、交渉はクライアントと行うのが一般的です。しかし、企業のホームページ制作部門に所属している場合は社内の他部署やweb開発会社に所属するwebディレクターとの交渉がメインになってきます。

webディレクターに求められるスキルや知識とは?

web業界自体が新しいこともあり、webディレクターになるための公的な資格はありません。業務内容にも定義はなく、その能力を客観的に把握するための尺度もないのです。その分、実績が重視される傾向が顕著です。そんなwebディレクターに求められる資質には、大きく分けて以下の5つがあるでしょう。

1.コミュニケーション能力・問題解決能力
2.管理力
3.IT・webの専門スキル・知識
4.企画提案力
5.マーケティング知識

基本的にwebディレクターはコミュニケーション能力が低いと務まりません。クライアントから要望を引き出したりプロジェクトメンバー間の調整を進めたりするには、高いコミュニケーション能力が欠かせないのです。また、複数のメンバーがかかわるプロジェクトでは、認識の食い違いや伝達ミスが起こることも少なくありません。問題が発生したときにどう対処するかが重要になってきます。

webディレクターの最も基礎となる業務の一つがスケジュール管理です。プロジェクト目標を達成するための正確な工数を算出して作業スケジュールを立て、メンバーの作業進行を随時管理することが求められます。そのため、web業界での経験がない場合でも、他業界で管理業務をしてきた実績が豊富にあるならwebディレクターになれる可能性は低くありません。

ただし、web開発のプロジェクトメンバーはそれぞれ特定の分野に特化したプロなので、適切なコミュニケーションを取るためにはwebディレクターの側にも一定の專門知識があったほうがスムーズです。あいまいな指示では思い通りの結果を得るのが難しくなります。

また、クライアントのニーズを引き出すだけではビジネスを拡大できないため、流行や風潮にアンテナを張りマーケティング知識を駆使してタイムリーな提案をしていくことも重要です。データを解析して効果的な施策を打ち出すための分析力や企画力も求められるでしょう。

開業や副業でwebディレクターをするために役立つ資格とは?

将来的に開業や副業でwebディレクターとして活躍することを目指しているなら、取っておくと役立つ資格があります。

その一つが、公益社団法人・全日本能率連盟が認定する民間資格「Web検」です。「Web検」では、webの基礎知識を扱う「Webリテラシー」をはじめ、「Webデザイン」と「Webディレクション」、「Webプロデュース」という4つの資格を認定しています。「Webディレクション」の資格を習得することで、webサイトの企画設計から運営に至るまでの幅広い知識やスキルを体系的に習得できるでしょう。

一方、webディレクター向けの国家資格としては「ITパスポート試験」があります。これはIT業界に必要な基礎知識を扱うもので、比較的取得が易しいのが特徴です。IT・web業界をこれから目指す人にはうってつけといえるでしょう。また、基礎的なコーディングを身に付けたい場合は民間企業・サーティファイが認定する「Webクリエイター能力認定試験」を受けてみるのも一つの手です。HTMLとCSSに関する基本的知識やwebページ作成、webサイトデザインの実践的スキルが学べます。

webマーケティングに不可欠なGoogleのオンライン広告プログラム「Google AdWords」について知識を深められるのが、「AdWords 認定資格」です。ECサイトなどのホームページ制作にタッチすることの多いwebディレクターなら学んでおいて損はありません。受験料は無料なので、積極的に習得を目指すと良いでしょう。一方、「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験」の場合は受験料がかかるものの、一定のスコアを獲得すれば名刺などで認定ロゴが使えるようになるのがメリットです。webディレクターとしての能力をアピールするための手段として活用できそうですね。

webディレクターのリモートワークをするために実績を作ろう!

webディレクターはweb制作の責任を担う重要な仕事です。この仕事をリモートワークで行うためには、まずはweb制作会社か企業のホームページ制作部門に入り、基礎を学んでスキルを磨きながら実績を作りましょう。現場に常駐するwebディレクターなら、フリーランスでも求人を見つけるのが比較的容易です。しかし、完全リモートワークができるwebディレクターの求人は多くありません。

とはいえ、常駐から始めて人脈を作るとともに信用度を上げていけば、リモートワークが認められる可能性が高まります。また、webディレクターに役立ちそうな資格の取得を狙ってみるのも良い方法です。webディレクターの仕事は結果が数字で出るシビアな仕事なので、客観的に提示できる実績さえ作ればかなりの高収入が狙えるようになるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

海外でのリモートワークを夢見るアラサー男子です。今は本業やりつつ、リモートワークで本業を活かした副業をしながら経験を積んでいます!

Twitter でフォロー