リモートワークで働きたい人へ!リモートワークの疑問と求人の探し方

リモートワーク
The following two tabs change content below.
kenboy

kenboy

リモートワークの可能性にかけ、東京から地方に引越ししたリモートワーカーです。

毎日の通勤時間がもったいない、育児と仕事の両立が難しいといった理由から、リモートワークを希望する人が増えています。また「働き方改革」の推進から、リモートワークを進める企業も増えてきました

作業効率の向上、コストの削減、地域活性化なども期待されるリモートワークですが、実際に得られるメリットやデメリット、向いている人や職場はどうなっているでしょうか?ここではリモートワークの魅力や注意点を解説します。

リモートワークとは?

リモートワークとは、在籍する会社に出社せず、自宅やコワーキングスペースなど会社以外の場所で仕事をする勤務形態のことを言います。日本でも「働く場所の自由」を実現する働き方として各方面から注目され、政府が推進する働き方改革の目玉の一つにもなっています。

会社から遠く離れた場所に住んでいても仕事を行えることから、地方創世や地域活性化の面からも注目され、総務省もICT(情報・通信技術)の利活用促進政策のひとつとして掲げています。

リモートワークのメリット

リモートワークを導入することで、企業や社員が得られるメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

通勤ストレスがなくなる、時間が有効に使える

リモートワークでは毎日会社に出社する必要がなくなるため、通勤時間が不要となります。これにより、社員が通勤によるストレスから解放されるというメリットがあります。また、通勤時間で使っていた時間を、家事や育児、自己投資や副業など、他のことに有効に使えるようになります。

企業コストの削減ができる

社員が出社しなくなれば、それまで使用していた備品や光熱費などのコストが削減できます。また通勤がなくなるので、交通費の支給も必要ありません。さらにリモートワークをする社員の割合が大きいほど、オフィスに必要な面積も縮小されるので、会社の家賃も削減できます。

人材を広範囲から選ぶことができる

リモートワークで通勤が不要になれば、会社の所在地を基準とした採用をする必要がなくなります。距離に関係なく広い範囲から募集できるため、特に地方においては有能な人材を獲得できる可能性が高まります

時間の有効利用により社員の業務向上が図れる

リモートワークでは、オフィスでの長時間の会議や、つい他人と無駄話をしてしまうなどの時間ロスがありません。また、生活時間の中で仕事をする事でメリハリができ、時間を効率的に使おうという意識が生まれます。業務への集中度が増し、生産性の向上も見込めます

リモートワークのデメリット

リモートワークの導入にはメリットがたくさんありますが、逆に懸念されるデメリットはなんでしょうか。

コミュニケーションが取りづらい

会議や無駄な付き合い時間が減るのは利点ですが、時には実際に顔を合わせる方が、短時間で正確にお互いの意思疎通ができることも多いものです。リモートワークではチャットや電話でコミュニケーションを図りますが、対面よりやり取りに時間が掛かったり、意志の疎通がうまくできないこともあります。仕事に関わる人数が多いと、チャットの確認だけでも大変です。

企業が社員の勤務状態を把握しにくい

社員が出社せず、タイムカードもないため、企業側では社員が何時から何時まで働いたか、勤務時間中にサボらず仕事をしたかなどを確認するのが困難になります。逆に社員にとっては、成果を出さないとサボっていると判断されると思い、必要以上に働きすぎてしまうことがあります

リモートワークは女性におすすめの働き方

自宅で仕事ができるリモートワークは、女性にも向いている働き方です。特に出産・子育てをしている場合、自宅で仕事が出来れば、出勤するより両立がしやすくなります。

待機児童などの問題で復職できずに退職したり、復職しても子どもの急病や家事・育児などで以前のように働けない、といった課題も解決出来ます。仕事の合間に家事をしたり、子どもと接する時間が取れるリモートワークは、まさに女性におすすめの働き方です

リモートワークに向いている人、向いてない人

毎日の通勤が無くなり時間を有効に使え、家事や育児の両立もしやすいリモートワークは、多く人がメリットを感じる働き方でしょう。しかし、必ずしも全ての人に合う働き方とは言えません。リモートワークには、向いている人と向いていない人がいます。その違いはなんでしょうか。

自分で仕事の進め方をコントロールできるかどうか

自宅など、オフィス以外の場所で仕事をする場合、自分の裁量で仕事を進めることになります。その時、仕事の進め方をコントロールできるかどうかは、リモートワークへの適性を測るための大きな判断材料です。誘惑に弱く、職場の外では仕事に集中できないタイプの人は、リモートワークには向いていないと言えるでしょう

コミュニケーションを進んでとることができるか

リモートワークでのコミュニケーションは、基本的にチャットや電話などになります。現実の場で顔を合わせる事がない分、積極的にコミュニケーションをとる必要があります。チャット等で相手を思いやる発言ができるか、相手の意図を正確に把握できるかなどが重要になります

 

このように人によって適性が異なりますので、リモートワークでの仕事を希望するなら、自分がどの程度向いているかを事前に見極めることも重要です。

リモートワークに向いている職種

最近は、一般企業の求人案内でも「リモートワーク可」と書いてある求人が増えてきました。しかし働く方にリモートワークへの適性があるように、職種においてもリモートワークへの向き不向きがあります。どのような職種であれば導入しやすいと言えるでしょうか?

SE・エンジニア

リモートワークの導入で代表的な職種が、SEやエンジニアです。リモートワーク可の求人でも、Webやモバイルのエンジニアの求人が多数あります。中にはエンジニアのみリモートワーク可としている企業もあるほどです。

編集者・ライター

Webメディアのライターや編集者でも、リモートワークでの業務が認められるケースが増えています。社員が働きやすい環境にすることで人材を確保し、自社で運営するメディアのクオリティの向上を図っています

Webデザイナー

パソコンとネット環境が整っていれば、どこでも仕事ができるのがWebデザイナーです。個人のセンスや技術が大きな割合を占めるので、リモートワークに向いています

CAD図面作成など製図系の仕事

個人の仕事が多いCAD図面や製図系の仕事もリモートワーク向きの職種で、実際そうした求人も増えています。

リモートワークの求人の探し方

前述したとおり、SEやエンジニア、Webデザイナーや製図系の仕事では、リモートワークを認める企業が増えています。こうした職種の有資格者や経験者なら、比較的リモートワークでの求人も見つけやすいでしょう。また最近では、秘書業務や事務などの職種でもリモートワーク可の求人が増え始めています

こうした求人を探す際は、やはり求人サイトを見るのが一番早く、良い方法です。一般的な求人サイト以外に、リモートワークやフレックスなど、新しい働き方ができる求人に特化したサイトもあります。また、クラウドソーシングを仲介するサイトでも、リモートワークの仕事が数多く紹介されているので、チェックしてみるといいでしょう。

正社員ではなく、派遣社員などでの就職や転職を考えている場合も、派遣会社にリモートワーク希望で登録しておくと、希望に合った求人を紹介してもらえることがあります。

またリモートワークは通勤することを考えなくてよいので、海外の求人に目を向けてみるという手もあります。英語に自信がある人や、海外の仕事に興味がある人は、海外の求人サイトものぞいてみると良いでしょう。

まとめ

毎日の通勤から解放され、時間を有効に使えるリモートワークは、私たちの働き方を大きく変える可能性を秘めています。しかし、人や職種によって向き不向きがあるのも事実です。

リモートワークでの転職や副業を考えている人は、自分がそうした働き方に合っているかどうかを考え、実際の仕事を探すようにしましょう。リモートワークによって、より充実した生活が手に入ることを願っています。

リモートワークOKな会社はこちら!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

海外でのリモートワークを夢見るアラサー男子です。今は本業やりつつ、リモートワークで本業を活かした副業をしながら経験を積んでいます!

Twitter でフォロー