リモートワークエンジニアは副業にも向いている!

リモートワーク
The following two tabs change content below.
kenboy

kenboy

リモートワークの可能性にかけ、東京から地方に引越ししたリモートワーカーです。

リモートワークって一体何?

リモートワークというのは、簡単に言うと遠隔で働くという意味です。一般的には企業などに就職すると、会社に通いながら働くことになります。しかし、リモートワークは自宅など会社以外の場所で、メールや電話を使い企業とコミュニケーションを取りながら仕事をします。場所にとらわれない働き方として人気があるリモートワークですが、リモートワークの中にもいくつか種類があります。

ハイブリッドリモートワークは、正規雇用で企業に務めながら週の何日かはオフィスで働くというものです。ハイブリッドという名前から分かるように、オフィス内で働く方法とオフィス外で働く方法を組み合わせたものになります。それぞれのメリットを活かしながら働けるという魅力があります。

フルタイムリモートワークというものもあり、これは100%オフィス外で働くというものです。同じようなものとしてリモートアウトソースという働き方がありますが、正規雇用か非正規雇用かという違いがあります。正規雇用として100%遠隔で業務を行うことをフルタイムリモートワーク、非正規雇用の場合はリモートアウトソースと呼ばれます。

短い時間だけ遠隔で働くテンポラリーリモートワークというものもあります。普段はオフィスで働き、オンラインミーティングなどで一時的にオフィス外で働くような場合がテンポラリーリモートワークです。

副業でリモートワークエンジニアをするメリットは?

リモートワークエンジニアは、副業としても注目されている働き方です。なぜかというと、副業をする上で様々なメリットがあるからです。

まず一番大きなメリットは、自分の生活スタイルに合わせて仕事ができるということでしょう。リモートワークというのは働く場所を選びません。副業を考えている人の中には、家事や子育てがあって本業以外の時間は家にいなければならないという方もいるかもしれません。そういう方でも、リモートワークなら在宅勤務ができるため色々な用事にも対応しやすくなります。

ある程度時間に融通がきくというのも、リモートワークならではのメリットです。会社勤めをしていると、毎日決まった時間決まった場所で働かなければなりません。副業する場合、本業の時間以外を利用して働くことになります。

本業の時間は変えるわけにはいかないので、それ以外の時間に無理なく働ける仕事を探すのはなかなか大変です。しかし、リモートワークなら本業が終わってから、空いた時間を利用して仕事がしやすくなります。これは副業する上では大きなメリットになるでしょう。

収入が安定しやすいというのもリモートワークエンジニアのメリットですね。リモートワークエンジニアと同じような働き方に、フリーランスのエンジニアがあります。フリーランスエンジニアなら、自分の好きな時間に好きな場所で仕事ができます。

これはリモートワークエンジニアと同じようなメリットです。しかし、フリーランスとリモートワークの大きな違いは、個人事業主か会社勤めかという点にあります。フリーランスの場合あくまで個人事業主になるので、安定した収入を得られるようになるまでに時間がかかります。

リモートワークエンジニアなら仕事をしっかりすれば給料を貰えるので、会社勤めと同じような安定感があります。会社勤めの安定感とフリーランスの自由さ、両方のメリットを得られるというのは大きな魅力です。

在宅勤務とはいえ、一緒に仕事をする仲間がいるというのもメリットになるでしょう。フリーランスで働くと一人で自由気ままに仕事できますが、問題があった時一人で解決しなければなりません。しかし、リモートワークなら同じ会社に勤めている仲間がいるので、分からないことは質問したりできますし、気軽に仕事の悩みを相談したりもできます。

また、フリーランスだとエンジニア以外の業務も自分でしなければなりません。経理や営業など仕事を続けるために一人で色々な業務をこなすことになります。しかし、会社勤めのリモートワークエンジニアなら、そういった業務は他の人に任せて自分は制作に集中できます。これはエンジニアとしての仕事に集中したいという人には嬉しいポイントです。

メリットだけではなくデメリットもある?

これだけ多くのメリットがあるリモートワークエンジニアですが、少なからずデメリットがあるのも事実です。

リモートワークは会社以外の場所で業務を行うため、会社との連絡は電話やビデオチャットなどがメインになります。オンラインミーティングで意思疎通をしなければならないため、コミュニケーションをとるのが大変と感じることもあるでしょう。実際会社に出向いてやり取りするのとは違い、空気感を共有しにくい場合があるため、それが業務に影響してしまう可能性があります。気軽に相手とやり取りをして、スムーズに業務を進めたいという時に不便を感じるかもしれません。

フリーランスで働くよりも孤独感を感じることは少ないでしょうが、在宅勤務がメインになるため人によっては孤独を感じることもあるかもしれません。会社とのやり取りはメールやチャットだけ、一人きりで毎日家で仕事をするというのは意外と大変なものです。人と接するのが好き、わいわい楽しい職場で働くほうが気が楽という人は、普通に出勤して会社勤めするほうが向いているかもしれません。

急激な収入アップが見込めないというのも、人によってはデメリットになります。安定した収入が魅力のリモートワークですが、その分一般的な会社員と同じように給料制になっているため、どんなに成果を上げても収入が一気に伸びる可能性は少ないです。フリーランスなら、成果を上げた分は全て自分の収入になるため、努力次第で大きく収入がアップすることもあります。安定性を取るならリモートワーク、高収入の夢を取るならフリーランスといった感じでしょう。

時間や場所にとらわれないリモートワークですが、それはあくまで一般的な会社勤めに比べればの話しです。企業に勤めて給料を貰う働き方なので、何もかも自分の自由にできると思ってはいけません。会社によっては働く場所や時間に細かくルールがもうけられていることもあるので、自由度を求めるなら自分の希望に合った職場を選ぶようにしましょう。

結局リモートワークエンジニアは副業に向いている?

色々なメリットやデメリットがあるリモートワークエンジニアですが、結局のところ副業に向いている仕事なのでしょうか。副業をする時にもっとも重要になるのが時間です。あくまで本業に支障が出てはいけないので、限られた時間で効率的に仕事ができるかを重視する必要があります。

そういう点でいえば、時間の自由がききやすいリモートワークエンジニアは副業に向いていると言えるでしょう。本業が終わって家に帰ってから、寝るまでの時間を利用してエンジニアとして働くということも可能です。副業をしたいけれど、あまりに時間に縛られるのは困るという方も、リモートワークエンジニアなら働きやすいでしょう。

また、安定してお金が稼げるかも副業する上で重要なポイントです。副業するということは、もっとお金が稼ぎたいと考えているケースが多いでしょう。気軽に始められる副業は色々ありますが、中にはお金を稼ぐどころか損してしまう可能性があるものもあります。それでは副業する意味がありません。

リモートワークエンジニアは、収入の安定性でいうとかなり優れています。在宅勤務という形態ですが、企業に勤めているのと同じように決まった給料が貰えるので、安定して稼ぐことが可能です。時間の融通がききやすい上に、安定した収入が得られるリモートワークエンジニアというのは、副業にはぴったりな仕事と言えるでしょう。

副業としてリモートエンジニアをする時のポイント

副業に最適なリモートワークエンジニアですが、実際働く上でいくつか知っておきたいポイントがあります。普通の仕事とは少し変わった業務形態になるので、しっかりポイントを押さえておくとよいでしょう。

リモートワークエンジニアをする上で、まず重要になるのが正当な評価を得るための努力です。リモートワークは、自分がどれだけの成果を出したのか会社に伝わりにくいという面があります。

対面して働く機会が少なく自分が仕事をしている姿を見てもらえないので、努力や成果が上司に伝わりにくいというわけですね。そのためアウトプットをしっかり強化しておくことが大切です。チャットやメールでの報告をしっかりとして、自分がどれだけの成果を上げたのか積極的にアピールしていきましょう

コミュニケーションの取り方も、リモートワークエンジニアとして働く上で非常に重要です。対面で働くよりもコミュニケーションが取りにくくなるので、会社とのやり取りには気を遣う必要があります。テキストでのコミュニケーションがメインになるので、意思疎通がしっかりとれないことも多いです。

会社との意思疎通がしっかりできていないと、仕事が上手くいかないこともあるので注意してください。出社する機会があった時に、同僚や上司としっかり話をしておくことも大切ですね。また、チャットやメールを送る時には相手に誤解を与える文面になっていないかなど、しっかりチェックしてから送るようにしましょう。

オーバーワークにも注意したいところです。リモートワークエンジニアは、勤務時間がはっきりしない場合も多く仕事とプライベートが曖昧になりがちです。しっかり成果を上げようと思うあまり、プライベートの時間を削ってまで仕事に打ち込んでしまうこともあります。

頑張るのはよいことですが、オーバーワークになると身体を壊してしまい、本業にも支障が出てしまいます。自分でしっかりと仕事とプライベートの区別をつけて働くようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

海外でのリモートワークを夢見るアラサー男子です。今は本業やりつつ、リモートワークで本業を活かした副業をしながら経験を積んでいます!

Twitter でフォロー