お勧めのリモートワークエージェント5選

リモートワーク
The following two tabs change content below.
kenboy

kenboy

リモートワークの可能性にかけ、東京から地方に引越ししたリモートワーカーです。

リモートワークとは

副業として、自宅で仕事を行う人が増えています。本業から帰宅後の空いた時間を利用したり、主婦の方が家事の合間に行ったり、副業のやり方も様々です。そうした中で、話題になっているのがリモートワークです。

リモートワークとは、クライアントと契約をし、出社をせずに自宅で仕事を行うというスタイルの副業です。中には複数のクライアントの仕事を掛け持つ人もいます。さて、さらに広がりを見せつつあるこのリモートワークには、副業を行う人にとってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

リモートワークのメリット

副業としてリモートワークを行うメリットにはいろいろありますが、最初はクライアントにとってのメリットから見てみましょう。クライアントがそれまで社内で行ってきた仕事をリモートワークとして外注すると、様々なコストを削減する事ができます。それは社員の交通費であったり、電気代などの光熱費であったりしますが、それ以外にもオフィスを縮小する事で家賃を抑える事ができるのです。

また、会社に出社する事が可能な地域以外に住む、優秀な人材を雇い入れる機会を得る事にもなりますし、場合によっては海外に人材を求める事もできるでしょう。このようなメリットがあるので、リモートワークを積極的に活用しようという企業が増えてきています。

では、業務を請け負う側にはどんなメリットがあるのでしょうか。まず、会社に出社する必要が無いので通勤時間がかからなくなります。通勤に片道1時間必要だとすると、往復2時間分の時間が浮くというわけです。この時間を活用して生産性を上げる事ができますし、睡眠時間にあてる事も可能です。

また、自宅での作業になるので集中して仕事を行えます。他の社員との無駄な会話が無くなり、時間配分も自由に設定できるので効率の良い作業を行う事が可能になります。通勤時にかかる様々なストレスが無くなるので、体調管理がしやすくなり、精神的にも楽になるでしょう。このようにメリットが多いリモートワークですが、実は注意点もあるのです。

リモートワークの注意点

リモートワークを行う上での注意点ですが、まずクライアント側からすると相手の顔が見えないので、本当に作業を行っているのかどうか確認する事ができません。連絡にはチャットやSkypeなどを活用している場合がほとんどですが、本当に委託した業務をこなしているのか、判断する事が難しいのです。

また、情報管理には慎重にならざるを得ません。最近は情報の暗号化などが進化してきているのでその面では安心ですが、業務を委託する相手の情報管理意識については、あらかじめ念入りに調査をしておく必要があります。コミュニケーションが不足するという問題点も出てくるでしょう。

業務を委託された側の注意点として考えられるのが、仕事の先延ばしをついついしてしまう可能性があるという事です。自己管理がしっかりしているのなら良いのですが、作業をさぼりテレビやゲームなどに興じてしまうのでは論外です。

また、出勤する必要が無いので寝坊をしてもある程度は大丈夫ですが、安心し過ぎて毎日寝過ごしてしまう可能性も出てきます。仕事に対する責任感が無い人には向いていないやり方だと言えるでしょう。

ただし、これらのデメリットについては解消する方法が色々と考えられ、採用されています。副業を行う側の意識を高め、連絡を密にする事でこういったデメリットは減らす事ができるのです

リモートワークエージェントとは

副業としてリモートワークを始める事にした場合、問題になるのがクライアント探しです。リモートワークを積極的に活用し、リモートワーカーを募集している企業について、個人で調べて探す事は難しいものです。中にはある程度の人脈を持ち、仕事を請け負うという人もいるでしょうが、一般的にはネットでクライアントを探す必要が出てきます。

そうした時に頼りになるのが、リモートワークエージェントです。以前からクラウドソーシングを仲介するサイトは多数存在していましたが、最近はリモートワークに特化したエージェントが出てきています。それらのエージェントを活用する場合には、複数のエージェントに登録をする事をお勧めします。

複数のエージェントに登録をするメリット

リモートワークが可能な仕事を探す場合に、複数のエージェントに登録をするメリットとしては、豊富な案件の中から選ぶ事が可能だという点がまず挙げられます。エージェントにもいろいろな営業スタイルがあり、それぞれに得意な分野があります。複数のエージェントに登録をする事で、様々な案件をチェックする事が可能になるのです。

また、リモートワークエージェントはクライアントを紹介して契約を促し、その仲介料を得るという形のビジネスをしています。そのため、他のエージェントにも登録をしている事を告げると、他のエージェントに負けないように色々と便宜を図ってくれる事があるのです。これらの利点を活用して、少しでも有利な契約を結ぶのが賢明です。

複数のエージェントに登録をする時の注意点

複数のエージェントに登録をする際に気をつけるポイントとしては、紹介された案件が希望する様な条件では無い時の断り方です。複数のエージェントから紹介される案件の数は多くなるので、どの案件が一番良いのかをきっちりと判断し、選択をしなければなりません。

また、リモートワークは契約が終了すれば、また違う案件を探す必要が生じます。その時に気持ちよくまた案件を紹介して貰えるように、エージェントとは良い関係を築いておくのが賢明です。

そのため、紹介された案件を断る時にはしっかりとその理由を伝える事をお勧めします。あやふやな態度でエージェントと接していると、お互いにとって時間のロスになってしまいます。

お勧めのリモートワークエージェント5選

ではここで、リモートワークエージェントの中から、お勧めのエージェントを5つピックアップしてご紹介します。これらのエージェントに複数登録をして、副業に最適な案件を見つけましょう。

CODEAL(コデアル)

CODEAL(コデアル)はリモートワークに特化したエージェントで、即戦力ならコデアルというキャッチコピーをHPに掲げています。そのキャッチコピーに相応しく、高いスキルを持ったリモートワーカーを優遇しています

また、クライアント報酬からの中抜きが無いため、単価が高いのが特徴になっています。出社頻度は週0日の完全リモートから、週1日、週2日といった具合に週4日までの中から選択する事ができます。

このように選択の幅が広いので自分の希望に合ったクライアントを選ぶ事が可能です。まずはHPに掲載されている、歓迎されるスキルの項目をチェックしてみましょう。その中に自分の得意とするスキルがあるのならば登録をして、高単価の案件を勝ち取りましょう。

クラウドテック

クラウドテックはクラウドワークスが運営をしているエージェントです。クラウドテックは大阪や名古屋などの案件も豊富に取り扱っている点が特徴になっています。

さらに2017年には、福岡にも営業所を設けています。エリア案件という項目があり、首都圏以外で活動をしている多くのフリーランサーが登録をしています。このエージェントはリモートワーク案件も多数紹介していて、フルリモートを選ぶ事も可能です。

フリーランスキャリアアドバイザーが支援をしてくれるので、クライアントとのスムーズな交渉ができ、短期間での参画開始を見込めます。報酬振込が当月末締めの翌月15日払いなので、早めに報酬を手にする事ができるのも大きなポイントです

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスは、プログラミングスクールのポテパンキャンプで知られる、ポテパン株式会社が運営をしているエージェントです。このエージェントの特徴は、担当者自身がエンジニアであるという点です。

このため技術に明るく、的確なアドバイスを行ってくれます。また、スキルや経験を最大限に生かせるクライアントを紹介する事が可能であり、常時2,000件ほどの案件を募集しているので、希望に合った条件の仕事を見つける事ができるでしょう。

ある30代のエンジニアが登録をしたところ、月単価80万クラスの案件を複数紹介してくれたという事です。自分のスキルに自信があり、しっかりと稼ぎたいという人向けのエージェントです

レバーテックフリーランス

レバーテックフリーランスは、登録者数78,000人以上を誇り、年間提案数も80,000を超える日本最大級のエージェントです。独自案件を多く抱えていて発注額が高めなため、月単価100万以上の高額案件を手にする事も可能です。案件はプログラム開発に関するものが多く、そういったスキルに自信がある人には特にお勧めのエージェントだと言えるでしょう

また、フリーランスへのフォローに関しても定評があり、会社で実績を積んだ後に初めてフリーランスになったという人にも向いているエージェントです。そのため、自分のスキルを試してみたい、そんな20代エンジニアにぴったりです。

Geechs job(ギークスジョブ)

Geechs job(ギークスジョブ)は長期的な高額報酬を看板に掲げています。フリーランスITエンジニア専門エージェントで、支援実績は月に52,500人を数えます。このように多くの契約を結んでいるので、ひとり当たりの手数料が安いのが特徴です

また、多くの高単価案件を独占で保有しており、契約成立したエンジニアの平均年収は842万円以上となっています。ただし、単価が高い案件は拘束時間が長めになる傾向があるので、副業というよりもフリーランスとして仕事をしたい人向けのエージェントだと言えるでしょう。単価の高いクライアントとフリーランスとして契約し、信頼を勝ち取った後にリモートワークを提案するという方法もあるので、高単価の案件を希望するのなら登録しておきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

海外でのリモートワークを夢見るアラサー男子です。今は本業やりつつ、リモートワークで本業を活かした副業をしながら経験を積んでいます!

Twitter でフォロー