リモートワークで副業。それが自然であるという感覚

リモートワーク
The following two tabs change content below.
kenboy

kenboy

リモートワークの可能性にかけ、東京から地方に引越ししたリモートワーカーです。

副業を考える上で、今注目を浴びているリモートワーク。
しかし、現在の日本の社会状況の中では、そういった考え方がいまだに理解されないという傾向は間違いなくありますよね。
というわけで今回は、そんな硬直した日本社会の中で、リモートワークをどう考えていくのか。
そういったあたりに迫っていきたいと思います。

リモートワークの副業とは

リモートワークとは

リモートワークについて説明いたします。
リモートワークとは簡単に言うと非出社型の労働という物で、出社してオフィスで仕事をするのではなく、会社以外のワーキングスペースでネットを介して仕事をすることを言います。

その場所はいわゆるノマドワークといったカフェや喫茶店のような非固定型もありますし、特定の場所の場合もあります。ようは、仕事はオフィスでするという考え方を脱して、たとえどこでしていたとしても、きめられた仕事量なり仕事の結果を果たしさえすれば構わないという思想によって行われるものです。

リモートワークの副業

リモートワークの副業というといろいろな種類が存在しますが、ざっくりといえば在宅ワークのことです。
企業や個人から文章作成の依頼を受けるフリーライターも、家から出ずに事務所などでの打ち合わせをしないのであれば、立派なリモートワーカーです。また、プログラマーやSEとして、害虫を受けた仕事を家でこなすのも当然そうですね。

このように副業は、本業の空き時間に行うものですから、出勤に時間を費やすことなく、在宅でできるリモートワークは副業と相性の良いものです。ネット社会の発展と、その結果訪れた距離を超えたボーダレスな社会が進んでいくにしたがって当たり前の形になっていくものと考えてもいいかもしれませんね。

リモートワークでの副業はなぜ広まらないのか

広がりを見せないリモートワークの副業

かつてよりは大分ましにはなってきましたが、やはりまだまだリモートワークの副業自体マイナーなものです。
スカイプなどの通信手段があるにもかかわらず、やはり出社して会議や打ち合わせをさせられたり、書類や文章をなぜか自分の手で持ってくることを求められたり。

ハッキリ言って、何のためにネットが存在するんだといいたくなるような現状はそこかしこにあります
ネットのつながりでは信用できないだとか、実際に顔を見てはなサイト本当の仲間として仕事ができないという人も間違いなく存在します。そんな、副業に最適なはずのリモートワーク良さを真っ向否定するような現状がまだまだ存在するのです。

そもそも副業自体への風当たりがきつい

これまで何度も書いてきましたが、やはり一つには副業自体への風当たりの強さがあるでしょう。
機密漏洩や本業に支障が出るなどの理由で、多くの企業がいまだに副業解禁の道に進むことをためらっている現状ですから、無理もありません。

しかもリモートワークでの副業は、そこに輪をかけて不安要素があります。
それは、本業の仕事中に仕事をこなすこともできるのがリモートワークの特徴だからです。つまり、機密漏洩にしても本業への支障という点でもリモートワークはその恐れを懸念されやすい働き方なのです。

もちろん、それは濡れ衣で、その気になればリモートワークでなくとも機密を漏らすことはできます。
リモートワークで仕事時間を有効活用することによって、むしろ本業への支障が出にくいという考え方だって、とうぜんできるのです。しかし、現状はそうはなっていないのが、残念なところですね。

ネットに対するイメージ

かつてはかなり悪いものでしたが、ネットが生活必需品になるにつれてそのイメージはずいぶんと改善しました。
しかし、いまだに根強いネットアレルギーを持っている人は多く、ネットを介して仕事するということ自体に嫌悪感を感じる人は少なくありません。

そもそもネットをヴァーチャル、それ以外をリアルと称している時点で大きな偏見です。
こんなこと言うまでもないのですが、ネットで働き仕事の成果を上げることは、決してヴァーチャル、つまり仮想現実ではなく、れっきとした現実的な成果です。

スカイプなどを介して、カメラ付きの会議をした場合も、そこに映っているのは生身の人間。
実際に顔を見合わせて話をするのと全く変わらないものであって、決して仮想現実などではなく、またその効率や内容において劣るものでもありません。

ネット通話での会議は体温が感じられないと、何かの偉い人が言っていましたが、会議の相手の体温を感じながら会議をするのは気持ち悪いだけです。それくらい、いまだにネットアレルギーは存在しています。

リモートワークでの副業の一般化を目指すには

時代が変わるのを待つ

じつはこれが一番有効で確実な方法かもしれません。
というのも、やはり残念なことに、こういったリモートワークをはじめとしたネットをフルに活用して働く形式を、一番理解できないのは上の世代です。

時代が変わるのを待つというのは、要はこういった人たちが引退するのを待つということですね。もしくは、ネットの世界に対して理解が深く、そこにリアルとヴァーチャルの壁なんかまったく感じないような世代がもっと増えることで、時代は変わるということです。

というのも、いまの10代20代という若者は、ネットに偏見などまったくありません。
40代以上の世代でも電話で他人と話すことを仮想現実と感じないのと同じで、彼らにとってはネットの世界だってれっきとしたリアルでありそこに嫌悪感はないのです。

なぜなら、彼らにとって、ネットという物は生まれたときあら存在しているものだからです。
こういった、ネットとリアルに区別がなく、そこに何の偏見を持たない人たちが社会の大半を占めるようになってくれば、もしくは責任ある立場につくようになれば、リモートワークでの副業はいやおうなく広まるでしょう。しかし、ちょっと長いスパンの展望に過ぎる気はしますね。

国や企業が推奨する

これはかなり難しいところですが、それでも副業については大きく前進していますよね。
例の働き方改革は、これまで何度も述べているように自由な副業を推奨するものですから、副業という物自体への偏見はこれからかなり薄れてくるでしょう。

これが同じように、リモートワークにも適用されれば一気に話は早くなります。
と、考えていたらなんと2017年に7月にテレワーク・デイが設定され国家によるリモートワークの後押しが、なぜかオリンピックに向けて始まりました。これは大きな一歩で、日本企業は良くも悪くも国が動くと連動して動き始めます。ある程度の期待を寄せてもいいかもしれません。

リモートワークの正社員が増える

こうして国が後押しして増えるのは、それでもリモートワークの正社員です。
増えてほしいのはリモートワークの副業ですから、それは話が違うように感じるかもしれませんが、実はリモートワークの副業が一般化するうえで重要なのがこの正社員です。

というのも、企業がその環境を整備するうえで、より多くの資金を投入するのは正社員に対してだからです。
副業と正社員を同列に扱おうと試みる企業でさえ少ない現状、やはり正社員がリモートワークを始めていかないと企業の体制は整いません。

リモートワークの正社員が当たり前に存在しその仕事の形のメリットをしっかりと証明してからでないと、それを利用した副業が広まるのはかなり難しいのです。ただ前述のように、国の後押しでリモートワークの正社員が増えていきそうな前兆は存在します。そこには結構な期待を寄せてもいいのではないでしょうか。

しかし一番はリモートワークの副業を志す人が増える事

そもそもいま日本は人手不足

現在、日本は少子高齢化の影響もあってかなりの人手不足に苦しんでいます。
とくに、SEやプログラマーといった職業はかなりの人手不足ですし、ライターといった文筆業もネットなどの文字媒体が急増したことでずいぶんと人手不足に陥っています。

つまり、副業が解禁されつつある今、そこにある潜在需要は多いのです。
さらには、企業体質の変化で、一つの企業に勤め続けることの意義もかなり薄くなってきましたし、ネット社会の発達によってネット上でできる仕事の種類も質も格段に向上しています。そう、つまり、もう舞台は整っているのです。

リモートワークでの副業を希望する人間の数が決め手

こうなってくると、実際のところリモートワークで副業をしたいという人の数がカギになってきます。
もしくはリモートワークでいいのならば、労働力として人手不足の解消に一役買おうという人材は日本に相当な数存在するはずなのです。であればやはり働く側からのアプローチは必須なはず。
リモートワークでの副業を許可した途端、有能な人材がたくさん集まってくるならば、企業はそれを容認せざるを得ません。

また、逆にリモートワークを禁止すると雇用が間に合わないという状況が生まれれば,企業がリモートワークでの副業に積極的になるのは目に見えています。そう考えると、一番大事なのは働く方の意識改革なのかもしれませんね。

副業のスタンダードになりうる

いかがでしたか、リモートワークの副業。
やはりどう考えてもリモートワークでの副業は、副業という立場においてはかなり有効な方法ですし、人手不足の日本において救世主にすらなりうるものですよね。

つまりリモートワークという働き方は、副業においてのスタンダードになりうるということです。
いまからそんな時代に備えておくことは、ある意味副業をやっていく上で必須なのかもしれませんね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

海外でのリモートワークを夢見るアラサー男子です。今は本業やりつつ、リモートワークで本業を活かした副業をしながら経験を積んでいます!

Twitter でフォロー